カート
ユーザー
絞り込む
Webshop
Case by case
完売
塩瀬 染名古屋帯「春秋花の丸」
0円(内税)
sold out
I2101016
塩瀬 染名古屋帯「春秋花の丸」
0円(内税)


塩瀬 黒地 染名古屋帯
「春秋花の丸」


花丸文様の優しい雰囲気の中に
古典ならではの華やかさを兼ね備えた優美な趣のある帯です。

どうしても黒地の染帯が創りたくて、しかも柄は花丸文――
おがわ屋オリジナル「春秋花の丸」がこの度素敵に染上がって参りました。



」は、早春にふさわしい文様と考えられていますが、組み合わせによっては他の季節にもご着用いただけます。
」は、奈良時代「はな」といえば「梅」のことを指していました。
平安時代以降は「はな」といえば「桜」を意味するように。
」は、秋の代表的な文様ですが、季節が進んでも「寒菊」として冬にお締めいただけます。


生地:重目塩瀬
 地色:黒/染め匹田:藍ねず色 
 刺繍:遠州色・花紫色・柳色・浅黄色
 金駒刺繍:錆金糸


9月末の秋口から4月一杯、カジュアルからセミフォーマルの装いに。
お茶会・観劇・お祝い会にもふさわしく、着姿がきりりと引き締まり、華やかな彩りを添えてくれます。





江戸小紋きもの 万筋 藤ねず色

遠目には無地に見える江戸小紋の縞模様。
江戸文化の「粋」を代表する柄ですが
ともすると「粋が強くなりすぎて」着こなすのが難しいと思われることも――

縞の縦ラインを花丸文の帯を合わせれば、はんなり女性らしい装いになります。



紋綸子 帯揚げ(シダ菱・ピンク)

双葉 帯締め(鳩羽色)







飛び柄小紋 蛍絞り 淡乙女色

文字通り、やわらかく優しい乙女椿のようなイメージ





洋角ぼかし 帯締め
(白橡)



ちりめん唐草地紋 帯揚げ
(青白)



織地・かぶせバッグ


結城紬 破れ亀甲 胡桃色

穏やかで明るい渋めの橙色に栗色の絣は
きもの上級者のしっとりとした大人のイメージです





お求めをご希望されるお客さまは、直接当店へお問い合わせください。
その他、お尋ねも承ります。

※価格は、お仕立上がり・税込みです。


塩瀬 黒地 染 名古屋帯
「春秋花の丸」

完売致しました


素 材: 正絹
仕 立: 名古屋帯仕立て
納 期: 寸法確定後 約2週間

お問い合わせ

TEL:048-832-8556


きもの おがわ屋