カート
ユーザー
絞り込む
Webshop
Case by case
坂口智美作 九寸夏織帯
坂口智美作 「夏織り」九寸名古屋帯


太細の様々な素材の糸を巧みにつかいこなし、丁寧に織り上げています。
染料は草木にこだわり、優しさのある趣きは程よいリラックス感と、手織りらなではの身体に添う締め心地の良さはお墨付き。瑞々しい感性が生み出す、洗練された手織りの夏帯です。

縦糸に七色の色糸を入れ、緯糸には自身で手績みした柔らかな芭蕉糸を使用。
「大麻が効果的に、芭蕉の光沢が抑えられました。この控えめな光沢感が気に入っています。」と、ご本人談。

経糸:生絹・タッサー
緯糸:芭蕉・大麻・タッサー
染料:コチニール・矢車



刻一刻と変わる季節の移ろいをコーディネートに反映させてみては――
これは本物の上質な素材だからこそ、大人だけが味わうことができる逸品です。
しい季節を楽しみたい皆さまへ

』を

洗練のコーディネートをお届けします
風待ち月June
四ヶ月間着用できる、絽縮緬のきもの。
地色は気分の上がるパウダーピンク。撫子文様のシルエットがほど良い甘さを引き出してくれます。
初夏の装いは色数を抑えて、涼し気に仕上げてみては――


帯揚げ:絽ちりめん 2色染分け 帯揚げ(薄雲鼠 * 白茶)
帯締め:双葉組 帯締め(乳白色×薄霞色)
女郎花月July
梅雨が明け白南風が吹き、一気に盛夏の到来。
輝く青空をイメージした、空色コーディネートです。
おがわ屋ではあまりレースの帯締めは登場しないのですが、しっかり黄色のこちらのレース帯締めは涼しげでステキです。


帯揚げ:絽 染め帯揚げ(波)
帯締め: 細め レース帯締め(金糸雀色)
月見月August
きものは明石上布 夏の染紬です。
上布に見立てた夏紬はサラッと涼しくお召しいただけ、丈夫な素材感と快適さはにはファンも多く実績があります。

向日葵や月見草、竜胆など、黄色い花々が似合う夏のテンションアップ間違いなしの盛夏のコーディネート。
更に、装いの鮮度をあげるのは、セージグリーン硝子の帯留め。


帯揚げ:絞り 丹後絽ちりめん 帯揚げ(卵色)
帯留め:ガラス製 帯留め(青磁亀甲)
色取月September
女性らしさを添えるレトロトーンを差し色に、秋先取りの装いを。絽縮緬の撫子文様小紋は、少しずつ素材と色の量感をプラスして、初秋の装いは、ドラマチックに演出してみても――


帯揚げ:絞り 絽ちりめん 帯揚げ(白藍)
帯締め:双葉組 帯締め(紅鶸色×銀鼠)
着用期間 6月〜9月

着用期間 7月・8月


オシャレはライブ!生もの!!
時代に合わせて、変わっていくオシャレを楽しみたい。

夏こそきもの――
上質な素材と本物のシンプルな帯をプラスして、夏の装いの選択肢はもっと広がります。
手織り九寸夏名古屋帯
坂口智美作「夏織り」


現品のみ


価格:仕立て上がり 286,000円(税込)
※商談中

Mail:きもの おがわ屋
TEL:048-832-8556

素 材:経糸(生絹・タッサー)
    緯糸(芭蕉・大麻・タッサー)
 

仕 立:名古屋帯仕立て
(開き仕立て等もご対応出来ます)

納 期: 寸法確定後 約2週間