カート
ユーザー
絞り込む
Webshop
【袋 帯】

平安朝花卉文
へいあんちょうかきもん
袋帯



袋帯
栗皮茶― くりかわちゃ ―


江戸後期、この穏やかな茶色の帯が女性たちの間で流行しました。

しい季節を楽しみたい
皆さまへ


『時』を

洗練のコーディネートを
お届けします

袋帯


奈良時代は仏教の伝来により、正倉院宝物に見られる様な、異国情緒ただよう文様が多く取り入れられました。
平安時代に入ると遣唐使が廃止され、国風文化が花開きます。


花卉文は大陸から渡来してきた文様で、大地から咲き誇る草花を表しています。

花卉(かき)=珍しい草花・花の咲く草

帯の織は、繭を国産のあけぼのを使用し、愛媛県野村町での繰糸(手引きによる座繰り糸)にこだわり
糸によりをかけず、生絹を織上げ 砧打ちをしたかの如く
昔ながらの 古き良き風合いを今に蘇らせました。


モダンさも感じられる
洗練された文様と、深く奥行きのある色――大人の女性を満たしてくれる納得の逸品




存在感のある帯を小紋に合わせて


肌映りのいい灰白色(かいはくしょく)地
空色の段霞(だんかすみ)に金彩をあしらった小紋

小紋でありながらも、程よい華やかさがあり

セミフォーマルな装いとして
控えめながらも心得ている――
お洒落でエレガントな印象になります。

仕立ての工夫で、付下げ風にすることも。


アクセント小物で装いを格上げ


帯揚げ:紋綸子 唐草地紋(空色)

美しい光沢で表現された紋綸子の文様は、見る角度や光の加減によって様々に浮き沈みします。
ちりめんのきものと、紬糸使用でマットな袋帯との間をとりもち華やぎを添えます。

帯締め:綾竹(遠山耳)
    白百合色に深緋色と紫黒色

秋の装いのスパイスに
「程よくモード」な帯締めをプラス


帯揚げ:角通し織地紋
    薄梅鼠に浅蘇芳と暁鼠色

帯締め:貝ノ口 (立別四分)
    落栗色に深藍色と白汚し色のぼかしが片側にのみ入る 水引仕様



着心地の良さはお墨付き!
信頼の一枚 士乎路紬


大切なお仲間との会食や観劇など、 紬糸使用のマットな帯は、無地感の紬と好相性です。
通の着こなしをさり気なく−


古く、能登半島は別名、士乎路(しおじ)と呼ばれていました。


士乎路紬は、水島繁三郎 氏(大正2年生)が40年に渡り各地の織物産地を視察し、 研究を重ねた末に生み出されたものです。


糸は、本場結城の手引き真綿糸を使用。
草木染にこだわって手機で織られています。



本品の薄く緑がかったブルーは染料にくちなしを使用し、大きな破れ十字絣の柄は繊細な印象を与えます。


バッグ:革のあおり型バッグ
ぞうり:安心のロングセラー、小判型真綿台


パッと目を引く華やかなカラーを取り入れて―


温かみのある紬の素材感と
鮮やかな帯揚げで彩度を上げる―
秋のスタイルに、華を添えて!

帯揚げ:唐草地紋
    黄梔子の地色に苗色の絞り

帯締め:笹目組み
    桔梗鼠に赤墨色

優しい配色で
安心のコーディネート


感度の高さを漂わせる今秋に
初登場、お召帯揚げ!

女性らしい丸みのある帯締めを合わせて
フォルムのミックス感を楽しんでみても。

帯揚げ:お召角通し地紋
    絹鼠色に紺藍と卵黄色

帯締め:洋角組ぼかし
    白に白橡色

平安朝花卉文 袋帯


金糸銀糸を使用せず、色糸だけで重厚な趣のある雰囲気を醸し出しています。
何気ないけれど、素敵――


そんな印象を与える大きな要因は素材感、クオリティの良さです。


いいものをひとつ 手に入れる事が出来れば
いざという時の定番として、いつまでも愛用できる――
お気に入りになるはず!


袋帯 : 平安朝花卉文
現品のみ
価格につきましては、おがわ屋までお問合せ下さいませ

Mail:きもの おがわ屋
TEL:048-832-8556

素 材: 正絹
 

仕 立: 袋帯芯入れ仕立て
納 期: 寸法確定後 約15日